味覚障害は未來が関係しています。

 

味覚障害は未來が関係しています。

テレビを見ていると、味覚障害の事をやっていました。
味覚障害は誰にでも起こる可能性があります。年齢・性別に関係なく起こります。
味が濃い物が好きな人は味覚が劣っているかもしれません。
味覚を感じるのは舌の表面にある未來(みらい)が大切な役割を果たしています。
舌がよごれていたり又、舌が白くなっているのは、カビが生えているからです。
これでは未來から脳に味の伝達がうまく伝わりません。
舌の表面をきれいにしておく必要があります。
驚いた事に味覚障害があると、肥満に成りやすい事がわかっています。
味覚の中には、脂肪味を感じるところがありますが、味覚障害になると
どれだけ脂肪をとっても脳が脂肪味を感じないので、ついつい脂肪のあるものを
食べすぎてしまうのです。その結果、肥満になってしまうのです。

 

味覚障害を回復する方法は二つあります。
@亜鉛を含む食品を多く取る。
過剰なダイエットや朝食を抜くなどバランスの悪い食事をすると、亜鉛が不足します。
亜鉛が不足すると、味覚障害になりやすいので、
大豆・牛肩ロース・かき等を多く取る様にして、栄養のバランスを考えた食事をする。
A未來の水分保つ為に唾液がたくさん出す為にマッサージをする
親指をあごのかどから骨に沿ってあごの下まで押す。五回
両手で耳を挟み口に向かって前に出す。五回
三か月で味覚障害が改善するそうです。

 

このテレビを見て、私の舌はそうとう白く汚れているので、
早々お手入れをしました。